1. 鉄道模型
  2. KATO
  3. 貨車(8001~)
  4. タキ43000 日本石油輸送

タキ43000 日本石油輸送

【品番】8013-7

【税込価格】990 【定価】1,080

【在庫】
1
【詳細】
メーカー商品ページ(写真あり)
タキ43000形タンク車はガソリン専用のタンク車で
国鉄と各石油会社との共同出資で
昭和41年(1966)、日本オイルターミナル株式会社が設立され、
西上田駅をはじめ各地に拠点が新設され専用列車に
当する目的で開発されました。
輸送効率向上のためフレームレス構造や
異径胴のタンク体を採用して容積を極限まで拡大し、
43tの荷重を実現しています。外部塗色は識別のために
ガソリン専用タンク車としては
異例の青15号(濃青色)とされました。
昭和49年(1974)のタンク車構造基準改訂を受け、
製作が中断されますが、設計変更のうえ
昭和57年(1982)に製造を再開し、
以後種々の設計変更を重ね総数819両にもおよびます。
昭和49年(1974)からは日本石油輸送も同形式を採用し、
投入を開始しました。平成2年(1990)以降の
日本石油輸送所属の新製車(タキ243666~)は、
エメラルドグリーンとライトグレーに塗り分けられて
イメージチェンジが図られています。
【仕様】
●プラ成形技術を活かした異径胴の車体形状を忠実に再現。
●手すり・台枠・配管などの車体各所のディテールを忠実に再現。
●鮮やかな各石油輸送会社の車体塗色を美しく再現。
●既存のベストセラー商品、タキ43000の仕様変更品。
現行のタンク貨車製品の品質にあわせた改良製品。

●従来製品の社紋・社名の紙シール対応から、
胴体各種印刷表記済にアップデートし、完成度を高めました。

●化成品分類番号(燃32)や、
注入口を示す矢印を追加、現行の表記としました。

●「日本オイルターミナル株式会社」
の社名部は地色を黒とします。

●「タキ43266/倉賀野駅常備/自重16.2t」を印刷。
●日本石油輸送 「タキ43182/浜五井駅常備/自重16.0t」を印刷。
数量