1. 鉄道模型
  2. MICRO ACE
  3. 車両
  4. EF61-8 改良品・茶色

EF61-8 改良品・茶色

【品番】A3603

【税込価格】6,750 【定価】7,344

【在庫】
1
【詳細】
メーカー商品ページ(写真あり)
F61は、山陽本線電化に伴う旅客列車用として
EF60 1次型をベースに暖房用蒸気発生装置を搭載した
新形式として1961年に18両が製造され、宮原区に配置されました。
EF60 1次型と同様に駆動方式はクイル式で、
蒸気発生装置と水タンクを搭載したために車体長が
1,600mm長くなり、
側面明かり窓とエアーフィルターの形状が
大きく変わりました。1968年10月に全機広島区に移り、
東海道・山陽本線の急行荷物列車に活躍しましたが、
1984年に全機廃車となりました。
当初は茶色で登場しましたが、
後に他の機関車と同様青色に塗り替えられました。
また末期には一部の機関車
が下枠交差型のPS22パンタグラフへ交換され、
ヘッドライトもシールドビーム2灯化されています。
【仕様】
2001年6月に発売したA3601,A3602・EF61を、
大幅にグレードアップ。
ベストリニューアル仕様にて製品化。
屋根上のモニター、SG煙突形状を新規作成。
ホイッスルを別部品化。
前面,側面ナンバープレートを廃止。
ボディへ直接印刷することにより
リアルな姿に。スカートのスリット形状を改良。
解放テコ(自動解放用シリンダー付き)を新規部品で再現。
前面下部の手すりを従来の一体成型から金属線に変更。
屋根の一部をグレー塗装。
ヘッドライト、テールライト点灯。LED使用。
黒染め車輪、フライホイールを採用
新製当初の茶色塗装。
エンド表記、検査表記、
メーカープレート「川崎」、区名札「宮」印刷済み。
「あさかぜ」ヘッドマーク付属
数量

その他のカテゴリ